「極ZERO」参上、沸き立つ発泡酒市場

サッポロの再発売にライバル勢が一斉に追撃

7月15日に行われた「極ZERO」の発売イベント。発泡酒として再スタートを切った

「世界初、2つのゼロは?」

「『極ZERO』だけ!!」

7月15日、サッポロビールの「極ZERO」の再発売決起イベントで、特別営業部長に任命されたお笑い芸人の三村マサカズさんのかけ声に、サッポロビール社員が元気よく答える姿があった。だが、「2つのゼロ(糖質ゼロ、プリン体ゼロ)は『極ZERO』だけ」という売り文句は、発売から2カ月を待たずに使えなくなりそうだ。

「極ZERO」の発売日に発表されたサントリーの「おいしいZERO」。プリン体ゼロ、糖質ゼロと、アピールポイントが同じ。

サッポロが「極ZERO」を再発売した15日、サントリーは「おいしいZERO」を9月2日に発売することを発表した。この商品も、糖質ゼロ、プリン体ゼロが「売り」だ。キリンビールも9月に糖質ゼロ、プリン体ゼロの発泡酒を発売する予定で、商品は7月25日に発表する。アサヒビールは「プリン体に配慮した商品の年内発売を検討中」(広報部)。結果、「極ZERO」の切り札である「2つのゼロ」は、たちまち”ありふれた”キャッチフレーズになる。

 発売早々、ライバルからマークされてしまったのは、この商品が「新発売」ではなく「再発売」だからだろう。当初、「極ZERO」は第3のビールとして昨年6月に発売された。プリン体ゼロや糖質ゼロと健康に配慮した点や価格の安さも受けて、7カ月で358万ケース(大瓶換算)を売り上げたヒット商品だ。サッポロの主力品である第3のビール「麦とホップ」は昨年の年間売上げが1342万ケースで、それと比べても発売初年度は上々の立ち上がりといえる。

次ページなぜ第3のビールを発泡酒に?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。