図解・スポーツビジネスは成長産業《特集・スポーツビジネス徹底解明》

リーマンショック後の不況の傷跡が癒えない世界のビジネス界。そんな中、独り気を吐くのが世界のスポーツビジネス界である。

会計事務所プライスウォーターハウスクーパースによると、世界のスポーツビジネス市場(入場料、放映権料、スポンサー料、グッズ販売などの総計)の年間成長率は約6%で、2012年には約1410億ドルに達すると推計されている。スポーツビジネスは成長著しい産業なのだ。

その伸びを牽引するのが、五輪、ワールドカップ(W杯)の2大世界イベントと、欧州サッカー、メジャーリーグ(MLB)、アメフト(NFL)などのプロリーグである。


関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。