ゴルファーよ、世界を目指せ

多くの仲間作りが今後につながる

今年の全米オープンは、男女同コース開催。テレビで見て、その難しさに驚いている方も多いはず。そこを横峯さくらは女子オープンで7位タイと大健闘。松山英樹は35位、忍耐強くよく頑張ったと思うけど、その2週前のメモリアル・トーナメント優勝の影響で、もう少し上位を期待した人が大半だっただろうね。

話はさかのぼるけど、日本ツアーのダンロップフェニックスが始まった1974年、その頃は速いベントグリーンや、洋芝のタフなラフに日本人選手は慣れていませんでした。そこへシーズンが終わった米国ツアーからジョニー・ミラーやジャック・ニクラウス、それにリー・トレビノやセべ・バレステロス、世界的な名選手がやってきて優勝や上位を独占。高額賞金の大半を外国へ持って帰った時期がありました。

これには正直腹が立ちましてね。最初は、速いグリーンは外国選手に勝たせるためのものか?そんなことを皆で言ってたんですが、文句を言ってても始まりません。その外国選手がプレーをしている世界へ飛び出して、賞金を日本に持ち帰ろう。そんな気持ちが海外ツアー参戦のきっかけでしたね。

そのダンロップフェニックスの生みの親の一人、大西久光さんに聞くと、世界の名選手を招いた大会開催の意図は、日本のゴルフ界に世界へ目を向けさせようというのが大きなテーマだったらしいのです。自分にとっては、世界へ旅立つ足掛かりを作ってくれた大会ということになります。

外国に出ても最初からうまくいくはずがありません。が、心掛けたことは、その土地になじむ(コースになじむという意味ですが)、それにツアー仲間と仲良くすることでした。

自分は最初から女房が旅に同行してくれていたんで、仲間作りにはそれほどの苦労はありませんでしたね。予選ラウンドは、同じ選手と同じ組で2日間一緒に回るんで、女房がその選手の奥さんといつの間にか仲良くなって、晩飯の約束ができてたりしたんですよ。

ゴルフは、自分以外のすべての選手が敵なんですが、最愛なる仲間でもあるんです。一人の優秀なコーチを作るより、多くの仲間作りが今後につながると思いますね。コースから学び、仲間から学ぶことが多いのがゴルフです。

全英オープン開催コースの一つに、ミュアフィールドというコースがあって、ジャック・ニクラウスが大のお気に入り。生まれ故郷オハイオ州にミュアフィールド・ビレッジ・ゴルフクラブというコースを作って、そこで開催されているのが、メモリアル・トーナメントです。今年勝ったのは松山英樹。コース全体から、英国のリンクスのにおいをかぎ取ったんだろうね。全英オープンには勝てそうと、全米の後、自信にあふれ瞳が輝いていました。

週刊東洋経済 7月19日号より

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
百貨店が消える日<br>閉店ドミノが始まった

三越千葉店の閉店が発表された。百貨店が郊外型店舗の閉店を相次いで決定している。訪日外国人の「爆買い」減速でカネが回らなくなったのが一因だ。郊外から街のシンボルが消える。

  • 新刊
  • ランキング