扇風機、DC型人気が起こす価格上昇の風

省エネを武器に家電量販店の売り場を席巻

「DCモーター」の言葉が並ぶ家電量販店の扇風機売り場。2万円近くする商品も多い(撮影:今井康一)

格安商品の人気が根強い家電売り場で、じわりと価格を上げている製品群がある。扇風機である。

市場調査会社のGfKジャパンによると、扇風機の平均価格は2010年度まで3000円台後半で横ばい傾向だったが、2011年度から上昇に転じ、2013年度には5000円近くまで上がった。

価格上昇を牽引しているのがDC(直流)モーター型の扇風機だ。家電量販店の店頭には、DC型である点を前面に押し出した扇風機がずらり。同型は従来のAC(交流)モーター型より高価格で、2万円前後の製品も数多く並んでいる。

DC型の最大の売りは省エネ性だ。AC型より消費電力が少なく、電気料金を節約できる。また、モーター音が静かなのも特長で、就寝時の利用でも気にならない。出力や速度の制御がしやすく、風力も細かく設定可能だ。

震災後に市場が一変

かつて扇風機といえば、量販店に並ぶ「格安商品」の象徴だった。風を送るというシンプルな機能では差別化が難しく、価格下落が進行。店頭には1000円を切る扇風機も並んだ。

だが、東日本大震災を契機に市場が一変。電力不足が深刻化する中、消費電力の大きいエアコン利用を見直す人が急増した。その“代替品”として脚光を浴びたのが扇風機、中でもDC型だった。

次ページ進む高付加価値化
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。