スカイマーク、ミニスカ機材がまた受難

6月14日就航予定の新機材「A330」が雷で損傷

テストフライト中に落雷の被害を受けたスカイマークの「A330」型機

よりにもよって、である。

3度に渡る運航開始の延期、女性客室乗務員(CA=キャビン・アテンダント)のミニスカ制服をめぐる騒動――。スカイマークが新しい機材として、6月14日にようやく就航する予定のエアバス製「A330」。

何かと話題のこの航空機が、またもや思いもかけないアクシデントに見舞われた。就航を控えた2機のうち、1機がテストフライト中に落雷に遭い、機体の一部を損傷したのだ。

初便は予定どおり就航

画像を拡大
新機材のお披露目会見で、スカイマークの西久保愼一社長は新機材に対する大きな期待を語っていた

スカイマークは詳細を明かしていないが、ここ数日の間に落雷の被害があったもようで、同月12日19時時点では損傷したA330の機体を修理中。今のところ、「6月14日の運航開始予定は変わっていない」(スカイマーク広報部)。

同日朝7時40分に羽田空港から福岡空港へ向かう初便(SKY003便)は予定どおり就航できる。ただ、その後、初日から計画どおりの本数が飛ばせるかどうかは流動的だ。落雷によって機体が損傷した事実を、所管の国土交通省は把握している。

次ページ落雷自体は珍しくない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。