アマゾンが設置した「巨大ロッカー」の秘密

箱の中から現れてきたのは日産のSUV

 

5月15日、サンフランシスコ市内のオーシャンフロントのフェリータワー前、人通りの多いジャスティン・ハーマン・プラザに置かれた、黄みがかったオレンジ色の大きな箱。高さ2.5メートル、横幅5メートル、奥行き6メートルの箱には「アマゾンロッカー・ロッカー」のロゴが記されており、#GiantLockerというハッシュタッグも書かれている。

ウォールストリートジャーナルが最初にこの不思議なロッカーをレポートしてからは、米国内の多くの新聞、雑誌、テレビ局の報道が相次いだ。付近を歩く人たちが次々にスマホで写真を撮っている。翌日の16日には宅配ボックスの扉の前にいつの間に「Nissan」のロゴが・・・・。15日の夜にペイントされたという。

イベント当日は多くの人が集まった

16日に現地に行ってみると、ボックスの前には長い人の列。列に並ぶと、名刺のようなカードを配られ、そのカードに印刷されたコードをボックスの前にはめ込まれたスクリーンに打ち込むと、ロッカーの中に収められた自動車、キンドルファイヤー、MP3プレーヤーなどの豪華景品が当たる。

キャンペーンはネットとも連動しており、ソーシャルネットワークに紹介したり、インスタグラムでジャイアント・ロッカーの写真をシェアしたり、と拡散をすれば、アマゾンファイアーのテレビシステム、ゲームコンソール、ギフトカードなどが当たるコードが配布された。

次ページアマゾンと日産のコラボキャンペーン
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。