GM大量リコール問題、刑事訴訟に発展も

自動車大手初の女性CEOにいきなりの試練

議会に召喚されたメアリー・バーラCEO(右)。不具合による事故の遺族は憤りを隠さない(写真:ロイター/アフロ)

ゼネラルモーターズ(GM)のリコールが拡大している。点火スイッチの不具合により衝突時にエアバッグが作動しなくなる危険性があり、今年2月からこれまでに260万台をリコール。さらにシボレー、サターン、ポンティアックなどのモデルをパワーステアリングの不具合などでリコールした。現在までリコール件数は700万台近くになっている。点火スイッチの不具合によって起こった事故の死亡者は13人に上る。

GMはリコール対象車のオーナーに対し、修理が終わるまで運転を控えるように連絡。代替のレンタカーを出すなどの対処に追われている。しかし、ディーラーからは「在庫管理が大変、顧客からの絶え間ない電話応対でパンク寸前」などとの苦情が寄せられている。

リコール隠しの疑惑

今年1月にGMのCEO(最高経営責任者)に就任したメアリー・バーラ氏は、4月1日、2日に米議会に召喚された。そこで、バーラCEOは「問題解決のためにすべての情報を共有し、できる限りの努力をする」と述べたが、議員からは厳しい追及を受けた。

またGMは、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が送付した質問状についても、期限の4月3日時点で6割超しか回答できておらず、米国内で批判を浴びている。NHTSAはGMがすべての質問に答えるまで、1日当たり7000ドルの制裁金を課している。

今回のリコールで大きな問題となっているのは、組織ぐるみでリコール隠しを行ったのではないか、という点だ。

次ページ不具合をこっそり修正?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ホンダの限界

ホンダが「らしさ」と効率化の間で揺れている。車づくりを世界各拠点の独自性に委ね「らしさ」を維持してきたが、生産が500万台を超え、個性と効率、どちらをとるかの分岐点に立つ。