田中将大とノムさん。最強の師弟ストーリー

TBSプロデューサーが見た、2人の天才

 新天地ニューヨーク・ヤンキースでのデビューを4月5日(日本時間)に控える田中将大投手。長年、田中投手を取材してきたTBSの横山英士プロデューサーが、野球選手として、一人の若者としての田中投手の素顔と、ノムさんとの師弟関係を語る。
オープン戦で好投するなど、田中投手の仕上がりは順調だ(写真:AP/アフロ)

まだピンストライプのユニフォームに袖を通す前の2013年シーズンオフ。神宮外苑の草野球場で、田中将大は見慣れない野球着に身を包んでいた。

「そのユニフォーム、カッコいいじゃないですか」

事の発端は2013年シーズン中、食事の場で気軽に発したその一言だった。

「将大の分も作ってあげようか? でも、作ったら最後、オフに草野球をしに来ないとダメだよ」

TBSのスポーツ局でプロデューサー、演出担当などとして14年間働く横山英士は、自身が長らく制作にかかわってきたスポーツ番組「S☆1」で作ったユニフォームの写真を見せながら、12歳下の友人に軽い気持ちで語りかけた。

「いいですよ。行きますよ」

田中が、少しうれしそうに答える。親しい間柄にある男同士にとって、食事の席でよく交わされるたぐいの会話である。

「自分で『やる』といったことはやるんです」

楽天でプロ入り7年目を迎えたこの年、田中は球界で空前絶後の活躍を見せた。開幕から世界記録の24連勝を飾り、無敗でペナントレースを終える。日本シリーズでは第6戦に先発した翌日、第7戦では最終回のマウンドに上がり、伝説の胴上げ投手になった。そしてシーズンオフにはポスティングシステムを使い、世界一の名門、ニューヨーク・ヤンキースに7年総額161億円の超巨大契約で移籍。誰もシナリオを書けないような、激動の1年を過ごした。

シーズン中に活躍すればするほど、プロ野球選手は忙しいオフを送るものだ。取材やテレビ番組の出演依頼が殺到し、各種の表彰式も行われる。かつ、オフシーズンという名に反し、選手は決して身を休めていられるわけではない。むしろ逆で、試合のない期間にどんなトレーニングを積むかが、翌年のパフォーマンスに大きく影響してくる。

さらにこの年、田中はメジャーへの移籍話を進めていた。システムが根底から変えられたポスティング騒動の渦中にあり、日米の注目を集めていた。

だから横山は、まさか軽い気持ちの約束が実現するとは思っていなかった。彼自身は大晦日の特番「KYOKUGEN」に向け、慌ただしい日々を過ごしていた。

そんな冬のある日、横山は田中から連絡を受けた。

「来週、○日の午前中、8時から数時間なら参加できます!」

横山が草野球当日、「本当に来るとは思わなかったよ!」と言うと、田中は「自分で『やる』と言ったことはやるんです」と返してきた。そうして2013年シーズンオフの某日、ストーブリーグの主役は神宮外苑で「S☆1」のMCを務める爆笑問題の田中裕二や横山、番組スタッフとともに軟式ボールで草野球に興じた。

「いろいろと忙しいのだから、ゆっくり寝ていればいいじゃないですか。時間を割いて『一緒にやろう』と言ってくれるのは、将大っぽいなと思いました。彼のすごく好きなところですね」

次ページノムさんとの出会い
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。