IMF、ウクライナ向け融資枠設定で合意

今後2年間の支援総額は、270億ドルに

3月27日、国際通貨基金(IMF)は、ウクライナに対する140億―180億ドルのスタンドバイ融資で合意したと発表した。写真はIMFのロゴ。ワシントンで昨年4月撮影(2014年 ロイター/Yuri Gripas)

[キエフ 27日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は27日、ウクライナに対する140億―180億ドルのスタンドバイ融資で合意したと発表した。

この合意により、国際社会による追加支援が可能になり、今後2年間の支援総額は270億ドルとなるとしている。 IMFは声明で「2年間のスタンドバイ取り決め(SBA)で支援する経済改革について、スタッフレベルでウクライナ当局と合意に達した」と表明した。

支援はウクライナ経済の安定化を意図したものだが、厳格な改革プログラムを伴う。IMFは、改革プログラムは巨額の債務を抱えるウクライナがデフォルト(債務不履行)を回避し、経済を安定化させるために必要だとの見解を示している。

今回の合意はIMFの理事会などの承認を必要とする。IMFは最終的な支援の規模については、2国間および複数国による支援が決定した後に確定するとした。

ウクライナのヤツェニュク首相は議会に対し、IMFとの合意に含まれる改革プログラムを承認するよう求めた。

「ウクライナは経済・金融で破綻寸前の状態にある」と述べ、ロシアが供給する天然ガスへの支払いが4月から約80%上昇し、1000立方メートル当たり480ドルになる見通しだと警告した。

首相はまた、今年のインフレ率は12─14%となる見通しで、IMFが提案している経済の安定化に向けた緊縮策を支持する法律を議会で通さない限り、今年の国内総生産(GDP)伸び率がマイナス10%となり、デフォルトに陥る可能性があると強調した。

IMFは声明で「ウクライナはここ数カ月にわたる経済および政治の混乱を経て、ある程度の安定を得たが、難しい課題に直面している」とした。

*内容を追加して再送します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。