学生たちがすがりつく最新“就職活動”、就活情報会社以外の情報に注目が集まる

学生たちがすがりつく最新“就職活動”、就活情報会社以外の情報に注目が集まる

8月31日、総選挙で民主党圧勝を伝える新聞の中で、ユニークな問題を出す広告が目を引いた。
 
 「あなたは日本の未来を背負って立つ総理大臣。一兆円の予算を投じて日本を元気にするプロジェクトを立ち上げた。さて、そのプロジェクトとはどんなもの?」

実はこれ、パソコン機器メーカー、日本ヒューレット・パッカードが発足させた「SHUKATSU It’s MEプロジェクト」から出された問題だ。

It’s MEプロジェクトではまず、企画趣旨に賛同する企業・法人のトップが、就活生に向けて「問題」を提示。対して就活生は、思い思いの解答を自らウェブサイト上にアップしていく。企業トップがうなるような解答をした就活生には、出題者と「面会」する機会が与えられるのだ。

すでに全日本空輸や、マイクロソフト、JR東日本など30以上の企業が、このプロジェクトに参加している。

「マニュアルどおりの答えではなく、本当の自分を発見し、磨き上げ、就活の中で思う存分、自己表現してもらいたい」(日本HP SHUKATSU It’s MEプロジェクトリーダー・甲斐博一氏)というように、就活生の自己分析の場として活用されている。今年限りの企画というが、800前後の解答が寄せられる回もあり、就活生の間でも認知度は高まっている。

口コミ中心に2・5万人動員

東京・三田のオフィスビルの一室には、連日90人近い就活生が集まる。ライブレボリューション社(以下LR社)が主催する就活セミナーに参加するためだ。セミナーは、予備校の授業のように、テンポよく進む。この日は、自己分析の手法から良書の薦めまで語られたが、2時間半強の中身は大変濃い。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。