第2回 そうはいっても正社員は魅力的

前回に引き続き、「正社員になれるのだったら、ブラック企業でも勤めるべきですか?」「無理して正社員目指して就活しなくてもいいんじゃないですか?」という質問に答えていきましょう。

質問3 正社員になれるのだったら、ブラック企業でも勤めるべきですか?

これも難しい質問です。

もちろん、心身ともに破壊されてしまうまで働かされるような企業にしがみつく必要はありません。また、違法な働かせ方を平気でするような企業もだめです。

ブラック企業、ホワイト企業を見分けるには、『就職四季報』(東洋経済新報社)が参考になると思います。例えば、3年後離職率や有給消化の状況などの指標も掲載されています。また、今野晴貴さんの書いた『ブラック企業』(文春新書)も参考になります。

しかし、一方で、仕事がきついという理由だけで、「ブラック企業」と見なされてしまう企業もあるようです。そういう会社まですべて「ブラック企業」だ、と決めつけて、避けようとしてしまうのも問題です。

きつい仕事でも、あるいはブラック企業とされた企業でも、いきいきと働いている人もいます。自分がやりたいことであれば、多少つらいことでも我慢してやってしまうこともあるでしょう。

世評で言われている「ブラック企業」だから行きたくない、考慮にも入れない、ということではなく、本当にそこには自分のやりたいことがあるのか、「やりがい」があるのかをみきわめて判断したほうがいいと思います(もちろんそれがとても難しいのですが……)。

次ページ質問4 無理して正社員目指して就活しなくてもいいんじゃないですか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
カジノ解禁法があぶり出す<br>ギャンブル依存症の恐怖

経済の起爆剤として期待がかかるカジノ法。一方で、ギャンブル依存にも注目が集まる。依存症者がつぎ込んだ額は平均1200万円超。意志の問題ではなく病気である。その実態に迫る。