ソフトバンクのシリコンバレー拠点は不夜城

本格始動はTモバイルとの合併後か

ウッドサイドの孫正義邸

故スティーブ・ジョブズ氏も居を構えたシリコンバレーの高級住宅地ウッドサイド。2012年11月、ソフトバンクの孫正義社長は、この地に1億1750万ドルで最高級の邸宅を購入した。

画像を拡大
庭は工事中

約3.6万平方メートルの敷地内には部屋数11の豪邸のほか、図書棟やプール、テニスコート、階段状の噴水、4台分の車庫がある。ただ、購入から1年以上経過したが、庭も含めて改装工事中。整備はスローペースのようだ。目下、孫社長はシリコンバレーに出張する際、ローズウッドホテルなどに泊まっている。

豪邸の購入は全米に知れ渡った。孫社長本人が狙っていたかどうかは別だが、「簡単に引き下がるのではなく、成功するまで米国で事業を続けるに違いない」(複数のベンチャーキャピタリスト)と、強烈な印象を植え付けることに成功している。

100人ほどが働く米国オフィス

米国進出を象徴するもう一つの拠点が、昨年9月にオープンしたシリコンバレーの新オフィスだ。4階建てのビル2棟と駐車場を備え、軽く1000人は働ける。現在はカンザス州のスプリントの社員約50人、日本のソフトバンク社員約50人が働いている程度。ソフトバンクグループからはソフトバンクモバイル、ソフトバンクキャピタルなどの社員が来ており、提携企業探しから端末の調達、モバイル市場の調査研究などを行っている。

シリコンバレーは朝が早く、週末になると午後3時すぎには家路を急ぐ人も多い。2月下旬の金曜夜、様子をのぞくと複数のフロアで明かりが灯っていた。さな がら“不夜城”だ。日本からやってきた社員たちは車で30分内外の距離にある契約アパートなどに滞在する。食事は1階にあるご飯メニュー付きのカフェテリアで済ませながら働いているようだ。

次ページ土管勝負のリスク
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。