なぜ日本のインテリは語学オンチなのか?

元イェール大助教授が伝授!最強の英語勉強法(1)

 米国の超名門イェール大学の助教授を辞めて、東京・自由が丘で中高生向けの英語塾を始めたという斉藤淳氏。イェールの大学院生時代には、いったん帰国し衆院選に出馬、国会議員を務めていたという一風変わった過去もある。
 なぜ彼は突然、日本に戻り、英語教育という分野での起業を決断したのか。
新著『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』において、同塾で実践している英語学習メソッドをまとめた斉藤淳氏に「日本人が知らない英語学習の真実」を語ってもらった。
(聞き手:東洋経済オンライン編集部)
斉藤 淳(さいとう じゅん) 英語塾「J Prep斉藤塾」代表 元イェール大学助教授。元衆議院議員(2002~03年、山形4区)。 1969年、山形県生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業、イェール大学大学院博士課程修了(Ph.D. 政治学)。ウェズリアン大学客員助教授、フランクリン・マーシャル大学助教授を経て、イェール大学助教授、高麗大学客員教授を歴任。研究者としての専門分野は日本政治・比較政治経済学。TBSラジオで選挙解説なども担当。主著『自民党長期政権の政治経済学』により、第54回日経・経済図書文化賞、第2回政策分析ネットワーク賞(本賞)を受賞。

イェールを辞めたのは、「ミッションを感じた」から

――本日はよろしくお願いします。まず、ずばりお聞きしたいのですが、そもそもなぜイェールをお辞めになったのでしょうか?

帰国して以来、たくさんの人に同じことを聞かれました。何か不祥事を起こしてクビになったわけではありませんよ(笑)。直接的には、山形に住む母が病に倒れて、帰国せざるをえなかったということですね。

辞めたときはまだ42歳でしたから、研究者としては「まだまだこれから」という時期。周りからはずいぶん驚かれましたね。

イェールの博士課程にいた頃、いきなり日本の衆院選に出馬して国会議員になったこともあって、そのときも周囲は相当びっくりしたみたいですが(笑)。

実を言うと、私自身はそれほど突飛なことをしたという思いはないのです。政治家になったのも、英語塾を開いたのも、ちゃんとした理由があってのこと。
以前から「英語を教えること」については、おぼろげながら使命感がありました。

次ページイェールでも「日本人だけ」英語ができない!?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。