管理職も私たち流!ナナロク世代の流儀

元専業主婦、落ちこぼれ社員だからこそ

30代後半、女子のキャリアはどうなる?(写真は2月に行なったイベント「女子ナナロク世代の”新キャリア論”」トークセッションの模様)

30代後半、働き女子はいかに生きるべきか?働く女性を応援する東洋経済オンラインと雑誌『AERA』(朝日新聞出版)は2月、共同でイベント「女子ナナロク世代の”新キャリア論”」を開催。管理職に差し掛かる世代でもある1976年生まれ前後、通称”ナナロク世代”の女性たちをお招きし、女子の働き方について考えました。

前回記事に続き、そこで行なわれたトークセッションの模様をお届けします。登場してくださったのは、20代でどん底を経験したものの、30代から大きく開花した3人。ローソンのSNS躍進の仕掛け人として有名になったローソンの白井明子さん、結婚情報誌『ゼクシィ』を不動の地位に押し上げたリクルートの伊藤綾さん、ミネラルウォーター『い・ろ・は・す』を大ヒットに導いた日本コカ・コーラの小林麻美さんです。

※前回記事「どん底だった、私たちの20代を超えて」はこちら

【登壇者】
白井明子(ローソン CVSカンパニー マーケティングステーション 広告販促企画部 マネジャー)
伊藤 綾(リクルートマーケティングパートナーズ『ゼクシィ』統括編集長)
小林麻美(日本コカ・コーラ マーケティング本部 ウォーターカテゴリー ウォーターグループ シニアマネジャー)
コーディネーター:浜田敬子(『AERA』編集長代理)

専業主婦から、リクルートへ

――伊藤さんと小林さんは結婚退職されたこと、それ以外にも共通項があって、再就職されたのが共にリクルートなんですよね。小林さんは日本コカ・コーラという飲料系メーカーから、全然、違う会社に移って、戸惑いはなかったのですか?

小林:私は半年間、外にまったく出ていなかったので、働くことを考えてみようかなあと思ったときに、ちょうどリクルートがたくさん募集をしていたのです。それで縁があって北海道のリクルートに再就職することができ、教育機関の広告の部門に配属になりました。

最初の会社員生活は、今、振り返っても何やっていたかわからない状態だったんですね。言われてやるということばかりだったので、リクルートに入って、仕事について新しい目で見られました。営業で教育関係者の方のところに行って話をすると、なんかすごくいろんな思いを語ってくれるんですよ。

――教育関係者の方が?

小林:自分はこういうことがしたいから、ここに学校を作って、こういうふうにしたいという話を、延々としてくださる学校関係の方たちがいっぱいいました。それで、ああ、何か仕事ってもしかしたら、ちょっと違うのかもと思えました。

――じゃあ、けっこう仕事先の人から感化されたという感じですか。

小林:そうですね。前の会社では本当にそんな話を聞きに行く毎日でした。

――そうしてリクルートで働く姿勢を学ばれて、それで日本コカ・コーラに再入社されるんですよね。

小林:そうですね、同じ会社に戻ってきました。

次ページパワポも使えない、契約社員からのスタート
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。