ソニー上位株主からサード・ポイントが外れる

四半期報告書で明らかに

2月18日、ソニーが提出した四半期報告書によると、昨年12月末時点での上位株主10社から、米投資ファンドのサード・ポイントの名称が外れた。写真は都内で5日撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 18日 ロイター] -ソニー<6758.T>が提出した2013年10―12月期の四半期報告書によると、昨年12月末時点での上位株主10社から、米投資ファンドのサード・ポイントの名称が外れた。

昨年11月に提出した7―9月期の四半期報告書では、同9月末時点のサード・ポイントの保有比率は「Third Point Offshore Master FundL.P.」の名義で1.64%、第5位株主と記載されていた。約7%のソニー株を間接保有しているとされるサード・ポイントが正式に開示資料に登場したのはこの時が初めてだったが、次の四半期報告書で名称が消えたことになる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。