すし屋の常識・非常識 重金敦之著

すし屋の常識・非常識 重金敦之著

現在の東京のすし屋激戦区は港区の西麻布一帯といわれる。店構えだけではそれとわからない。店主はほとんど若い人。修業先の店名を誇示することも、習得した技術に執着することもない。すし屋を取り巻く状況は、「なんでもあり」になった。その場で煮たり焼いたりというこれまでの禁じ手も平気だ。即座に客の注文に応じ、時間のかかる温かい料理を出さないのが矜持だったはずが、最後にお椀を出す店もある。それは邪道といっていい。あえて口にしないこともあったが、今は著者も出されれば口にする。

好奇心旺盛な文芸ジャーナリストが、すし屋をめぐる「食」のライフスタイルの変化を、文学的教養を織り込みつつまとめた。

朝日新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
カジノ解禁法があぶり出す<br>ギャンブル依存症の恐怖

経済の起爆剤として期待がかかるカジノ法。一方で、ギャンブル依存にも注目が集まる。依存症者がつぎ込んだ額は平均1200万円超。意志の問題ではなく病気である。その実態に迫る。