もらう男性は複雑?義理チョコ専門店が登場

「ブラックサンダー」の新たな販売戦略

バレンタインシーズンは、チョコレートメーカーにとって大事な稼ぎ時。各社とも手の込んだチョコをラインナップし、女性の心をつかもうとしている。

そんな中、一風変わった戦略を打ち出したのが駄菓子「ブラックサンダー」を製造・販売する有楽製菓だ。

同社は1月29日、東京駅一番街に「義理チョコ専門」の店をオープンした。2月16日までの期間限定で、「義理チョコパッケージ」(20本入り630円)やメッセージなどを書き込めるシールなどが入った「義理チョコ缶」(3本入り420円)などの限定品を販売している。受け取った男性は、うれしいような悲しいような複雑な気持ちになるかもしれない。

バレンタイン商戦に加われず

画像を拡大
限定商品の「義理チョコパッケージ」(左)と「義理チョコ缶」

ブラックサンダーは、黒を基調に金色の稲妻がデザインされたパッケージと、「お菓子界の小さな巨人」「若い女性に大ヒット中」といった独特の商品コピーが印象的なチョコバーだ。値段は1本32円と安い。

2008年の北京オリンピック金メダリストである体操の内村航平選手が好物と明かしたことで人気に火が付き、現在は年間1億3000万個を売り上げる大ヒット商品となった。

ただ、バレンタイン商戦において、駄菓子であるブラックサンダーは見向きもされず、戦いの土俵にすら上がれていなかった。

次ページ有楽製菓の業績は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。