「色あせない卒業アルバム」を作りませんか

ドコモの支援プログラムに集まるスタートアップ②

太田祥平社長

ドコモのベンチャー支援プログラム「イノベーションビレッジ」。その2期生として選ばれたのは6チームある。

今回、各チームの戦略を分析していくわけだが、2社目に取り上げるのが、電子卒業アルバムアプリ「えがおの本」を開発中のえがおの株式会社。太田祥平社長は出版社出身の40歳。6チームの中では、最年長の起業家だ。

「卒業アルバムをアプリ化して、スマホやタブレットでいつでも、どこでも見ることができる。自由にカスタマイズもできる」

これが「えがおの本」のコンセプト。アプリを操作することでプリント写真を購入することもできるしフォトブックの注文も可能だ。自分の子供の写真だけを選んでオリジナルアルバムを作ることだってできてしまう。写真データはクラウド上に保存しているため、災害などで端末やプリントを紛失した場合にも、大切な思い出を失うことはない。

3・11を機に起業を決めた

起業のきっかけは、東日本大震災。連日、被災地の惨状が伝えられる中、目に止まったのは、がれきとともに泥にまみれたアルバムだった。「子供の命だけでなくアルバムまで失ったら、子供が生きていた痕跡が消えてしまう」。太田社長は出版社の編集者として、ヨガ関連本やヘアカタログなど、さまざまな本に携わってきたのだが、「今は本を作っている場合じゃない」。

次ページ家族アルバムを作成
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。