12月米雇用者数は7.4万人増、予想下回る

2011年以来3年ぶりの低い伸び、失業率は6.7%

1月10日、12月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比7万4000人増と約3年ぶりの小幅な伸びにとどまった。写真はロサンゼルスの就職フェア会場で2013年11月撮影(2014年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ワシントン 10日 ロイター] -米労働省が10日発表した12月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比7万4000人増と、市場予想の19万6000人増を大きく下回り、2011年1月以来約3年ぶりの小幅な伸びにとどまった。

ただ、一部地域を見舞った寒波の影響が背景にあるとみられ、雇用の伸び鈍化は一時的なものにとどまることが見込まれる。

12月の失業率は6.7%に改善。前月から0.3%ポイント低下し、2008年10月以来の低水準となった。労働参加率が0.2%ポイント低下し、62.8%になったことを反映した。

12月の労働参加率は、1978年3月以来の低水準となった昨年10月の水準に並び、12月の失業率低下分の約3分の2を占める。

11月の雇用者数は、当初発表分から3万8000人上方修正された。

最近発表された、他の底堅い雇用関連指標とは対照的な結果となった。エコノミストの間では、非農業部門雇用者数予想を引き上げる動きも出ていた。

LPLフィナンシャルの投資ストラテジスト兼エコノミスト、ジョン・カナリ氏は「建設業は大幅減、輸送も1000人減少しており、天候が影響したもようだ。市場は失業率の低下と前月分の上方修正に注目するだろう」と指摘。そのうえで「市場は失業率の低下と前月分の上方修正に注目するだろう」との見方を示した。

家計調査によると、悪天候による自宅待機は27万3000人にのぼり、1977年以来最多となった。

12月の雇用増はすべて民間部門のものだった。政府部門は1万3000人減。

建設は1万6000人減と、昨年5月以来初めて減少に転じ、レジャー・接客が9000人増と小幅な増加にとどまったことは、一部地域での冷え込みが雇用ペースに影響した可能性を示唆した。

製造業は9000人増と、5カ月連続で増加。ただ、前月の3万1000人増から、増加ペースは大きく鈍化した。

小売業5万5300人増と、伸びが大幅に加速した。感謝祭の祝日が暦上遅かったことから、11月は7カ月ぶりの低い伸びとなっていた。

時間当たり賃金は24.17ドルと、前月から0.02ドル増加。平均週間労働時間は34.4時間。前月は34.5時間だった。

*内容を追加して再送します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。