"和製LCC"ピーチが成功したこれだけの理由

井上CEOが語る、格安航空の必要条件

日本初の格安航空会社(LCC)として、2012年3月から就航しているピーチ・アビエーション。関西国際空港(大阪府泉佐野市)を拠点に、ピンクを基調にしたカラーリングの機体を飛ばしている(2013年末時点で国内9路線、国際5路線)。初フライトから3年目を迎える2014年は、沖縄の那覇空港に第2拠点を設ける計画も進行中だ。
関空を拠点とするピーチのビジネスモデルは当初、多くの専門家から「失敗する」と酷評を受けていた。ところが、これまでの平均搭乗率は約85%という高水準で推移。成田国際空港を拠点に、同じく2012年に就航した和製LCCのジェットスター・ジャパンやバニラ・エア(旧社名はエアアジア・ジャパン)に比べて、「頭一つ抜けている」との評価に変わっている。
事前予想を覆した好調の秘訣は何か――。38.67%を出資する筆頭株主である全日本空輸(ANA)出身で、創業時からピーチを率いる井上慎一CEO(最高経営責任者)に聞いた。

ピーチはライフスタイルを変えるツール

――ピーチは就航開始から約1年半後の2013年9月に、累計搭乗者数300万人を達成しました。

当初計画よりも、2カ月早く到達しました。ピーチが就航を開始する前の関西国際空港は、年間利用者が1400万人程度でしたから、約2割を運んだ計算になります。これまでの平均搭乗率は約85%と、当初想定していた70~75%程度よりも高く推移しています。株主との約束でもありますが、今年度(2014年3月期)に単年度黒字化、2015年度に累積損失を一掃するという目標に向かって、ひた走っています。

ピーチのお客様は初めて航空機に乗る人が多く、男女比率が1:1と女性が多いことも特徴なのですが、潜在需要を掘り起こし、リピーターの獲得にもつながっています。ライフスタイルを変えるためのツールとして、ピーチを使いこなし始めてくださっています。

――その要因は何でしょうか。

私たちは就航開始前に、ビジネスプランを相当練り上げたという自負があります。それがよかったのではないかと思っています。

まずLCCの特徴である手頃な価格と、それを支えるコスト構造ができていることです。たとえば、関空―ソウル(仁川)の日帰り往復運賃は最安7000円台。それとブランドです。2013年秋に成田―関空線を就航した際、(元AKB48の)篠田麻里子さんとのコラボレーションにより、「キュート&クール」というコンセプトを強く訴えたのですが、うまく受け止められました。

次ページ「ちゃんと飛ぶ」という基本品質
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。