日本サッカーの未来は暗いのか?

サッカー解説者、セルジオ越後氏に聞く

 辛口評論で知られる解説者のセルジオ越後氏。2014年ブラジルW杯を機に、日本サッカー界はどう変わるのか。サッカーを通して見た日本文化論──。

創業時の美しい理念が、変わってしまった

──14年は日本サッカーにとって節目の年になるのでしょうか。

セルジオ越後
サッカー解説者
1945年ブラジル・サンパウロ市生まれ。日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ、コリンチャンスとプロ契約。ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和(とうわ)不動産サッカー部(現:湘南ベルマーレ)でゲームメーカーとして貢献。1978年より(財)日本サッカー協会公認「さわやかサッカー教室」(現:アクエリアスサッカークリニック)の認定指導員として全国各地で青少年のサッカー指導にあたる(写真:日刊スポーツ/アフロ)。

どうですかね。日本にサッカー文化はそんなに根付いていないですよ。たとえば、補欠というのはスポーツにあってはいけない言葉。補欠はチャンスをもらえていない人たちのこと。それはすごくいけないことなのに、日本では褒めるのね。

リザーブと補欠の違いは、リザーブはベンチで順番を待つが、補欠はスタンドであきらめている。試合に出られないのに、拘束されている。日本では、1試合も出ないのに一生懸命練習するのが美しいとかね。これではお勤めだけして、仕事をしない社員を育てているようなものだ。

日本にはプロスポーツもほとんどない。野球もサッカーも企業スポーツだ。都市対抗野球とプロ野球は予算が違うだけ。球団の社長は部長と同じで経営者ではない。だから(読売巨人軍の)清武(英利・元球団代表)さんはちょっと暴れると潰された。Jリーグのクラブも親会社から出向で来る。Jリーグの人事は経済新聞の人事面で発表される。僕もいろんな社長と話をするけど、「いつまでいるかわからないので、経営ができるはずがない」とこぼす。読売グループが撤退すると、ヴェルディの経営が危なくなる。企業が撤退したらチームが危ないというのは、これ、企業スポーツということでしょ?

──Jリーグが誕生して20年が経ちました。

バブル経済のときに誕生して、当時はすごい勢いがあった。でも、バブル崩壊で予算はカットされた。景気が悪いので待っていてもダメになる一方だから、どこかからおカネを引っ張ってくるなり、体質を変えないかぎりJリーグは元に戻らない。

各クラブは儲からないが、本部(日本プロサッカーリーグ)は潤っている。クラブは本部の支店になっちゃった。本部が成り立つために、支店を閉鎖するかというところまで来ている。それは企業がよくやることじゃない? 監査がどう行れているとか、理事がどう決められているとか、報道されないからよくわからない。創設時の美しい理念も、20年経ったら変わっちゃった。

次ページJリーグで失敗すれば、高卒の人生
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。