ソフトバンク、米Tモバイル買収を協議か

孫CEOが銀行と接触、米ブルームバーグ報道

12月20日、ブルームバーグが関係筋の話として報じたところによると、米スプリントは2014年にTモバイルUSの過半数株式を取得することを視野に入れており、ソフトバンクの孫正義最高経営責任者(CEO)は資金を手当てするためにみずほ銀行など少なくとも5行と協議を行った。7月撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)

[20日 ロイター] -ブルームバーグが関係筋の話として報じたところによると、米スプリントは2014年にTモバイルUSの過半数株式を取得することを視野に入れており、ソフトバンク<9984.T>の孫正義最高経営責任者(CEO)は資金を手当てするためにみずほ銀行など少なくとも5行と協議を行った。

孫CEOは約200億ドルの調達を目指しており、みずほの他にクレディスイス、米ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、ドイツ銀行 の幹部と接触したという。

ブルームバーグによると、レイン・グループがTモバイル株式買収をめぐる助言役を務めている。

スプリント、Tモバイル、ソフトバンクのいずれからもコメントは得られていない。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。