スイスは「貧乏人はお断り」の国?

アムステルダム・フランクフルト・チューリッヒ・ウィーンの歩き方

 「編集長、これだけ旅行ネタ連日で投入していたら、広告スポンサー企業を旅行業界から引っ張ってこれるんとチガウか。円安で海外旅行の人気は落ちてるはずやから、これを機に俺が旅行会社への企業PR広告も、書いてみよか??」

インド、中国、イタリア、レバノンの友人とアムステルダムに向かう、グローバルエリート

という誰かさんの独り言が今にも聞こえてきそうだが、そろそろ「グローバルエリートは見た!」のタイトルを変えて、「グローバルエリートが旅行した!」に変更しなければならないくらい、連日の世界旅行特集である。

前回は東欧諸国に皆様をいざなったわけだが、本日はお待ちかね、オランダやドイツ、スイス等の西欧諸国に加え、駆け足で北欧にも皆様をお連れ申し上げよう。さぁみなさん、旅立ちの準備は万端ですか?

オランダのアムステルダムは、大麻も合法って本当?

「なんやそのブラウニーって?このマフィンの中に、大麻が練り込まれてるやと??こんなもん食べたら、アカン人になってしまうんとチガウか??」

アムステルダムはフランスの家から友人とドライブで行ったのだが、ご存じの通りこの町はレッドライトディストリクトや合法化されている麻薬で有名だ。なんか街もそんなに私の好みではないのだが、売っている訝しい品物の数々(ブラウニーやマッシュルーム、変な草に麻薬性物質が入っている)を求めて、ヨーロッパ中から人が集まっている。

なお困ったオジサンが大好きな“レッドライトディストリクト”は別にイヤラシイ雰囲気はなく、観光地と化しているというか、若いカップル連れなども多く歩いていて、チョット風変りな旅行スポットといった感じだ。

次ページ経済が好調なドイツの活気
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。