僕が日本に”シリコンバレー”を作る!

モビータ・ジャパンの孫泰蔵CEOと語る(上)

現在、日本のベンチャーシーンは、世界でどのような位置にいるのか――。
今回の対談相手は、伊佐山元氏と親交が深い、スタートアップ企業支援を専門とするベンチャーキャピタル、「モビーダ・ジャパン」を設立した孫泰蔵氏。ソフトバンクグループの創業者である孫正義氏を兄に持ち、本人も東京大学在学中の1996年にヤフージャパンの設立にかかわり、2002年にガンホー・オンライン・エンターテインメントを創業、そのほか多くのベンチャー事業に携わってきた。現在、モビーダ・ジャパンのCEOとして、「2030年にはシリコンバレーを超える」を合言葉に、1000社のベンチャー育成、10万人の雇用創出、10億人の生活を変えることをミッションとしている。
伊佐山氏と孫氏は年齢的に“同級生”で、出身大学も同じ。ともに世界を股にかけて活躍し、「日本のベンチャーシーンを盛り上げたい」というビジョンを共有している、お互いがお互いを認める存在。今回の対談は2回にわけて掲載し、第1回目は「世界と日本のベンチャーシーン」について語っていただく。

世界との差は“劇的”に縮まっている

――世界のベンチャー、スタートアップシーンで活躍しているお2人から見て、現在の日本のシーンはどのように見えますか。

孫泰蔵(以下、孫):僕は、現在の日本のスタートアップシーンについては“ポジティブ”にとらえています。日本のスタートアップは、5年前に比べて、明らかに“層”が厚くなり、確実に“質”も上がっています。アメリカのいわゆるアクセラレーターと呼ばれる「Yコンビネーター」「500スタートアップス」などの「デモデー」で事業戦略に関するプレゼンテーションであるピッチを聞いても、ヨーロッパでのベンチャー関連のイベントの審査員を務めても、海外ベンチャーから「投資を検討してほしい」とプレゼンテーションを聞いても、日本のスタートアップの“質”はまったく遜色ない。

ただ、日本のスタートアップが「グローバル一歩手前」のように見えるのは、「日本で成功してから世界に出ていく」ことが常識になっており、まず日本語でサービスを作ってしまうところ。欧米やアジアの起業家は、自分たちの言語プラス英語が当たり前で、初めから世界を狙っています。

伊佐山元(以下、伊佐山):日本の現状は、“人”のクオリティも“アイデア”のクオリティも上がっています。ただ、“情報”だけが取れていない。たとえば、泰蔵さんの話にあるように、英語で作るのが常識だということが意外と知られていない。まず「国内から始めよう」と国内ばかり見て、国内を相手にしたほうが楽だとか、国内だけでもいけると思うのは、もったいない。もっともっとグローバルに情報をみたら、日本語で始めるより英語で始めたほうがいいものが結構ありますから。

ただ、5年前に比べると、泰蔵さんが始めた「モビーダ・ジャパン」のようなベンチャー支援ができ、若い起業家や起業家志望の人の中にもセンスがいい人が増えている。今、「Yコンビネーターでもいける」という人も出てきているのは、すごい進化だと思います。足りないのは、国内目線から世界目線にすることだけで、時間の問題だと思います。

次ページスタートアップ界の“香川”は時間の問題
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。