秘密兵器、登場!

キャスター/小倉智昭

  ハワイのゴルフ場ではカートに距離計が搭載されている場合がある。ピンフラッグに装置が組み込まれており、衛星を介して、カートとの距離が測れるのだ。そればかりか、コースレイアウトが表示されるディスプレイが、タッチパネル方式になっていて、操作次第で飲み物や軽食のオーダーもできる。セルフプレイもここまで便利になると、キャディの必要性をまったく感じない。

日本でもこの手のゴルフ場が増えつつあるが、カート道路のみだったり、相も変わらず雑なヤード木だったりして、単なる省力化に過ぎないケースが多い。やはり、キャディがいないと駄目だということになる。特に接待ゴルフではキャディが重要で、客を有頂天にさせるのはお手のものだ。距離の出ない客には大きめの番手で打ってもらうために、実際より長めの距離を伝える。その方がプレイの進行が早まるからだ。うまくグリーンを捕らえれば「ナイスオン! 」と絶賛し、オーバーすれば「お客さん飛びますねェ」とくすぐる。飛ぶ、という言葉に弱いゴルファーは大勢いるらしい。

ただ最近は文明の利器に頼って、キャディを信用しないゴルファーも増えた。他人に何と言われようとマイペース。競技志向が強い人ほど、自分で解決しようと試みる。たとえば双眼鏡タイプの距離計は傾斜も読む高級品が登場した。若干、焦点を合わせにくい欠点もあるが、割合正確に距離を教えてくれる。目でのぞくのが面倒な人は、ポケットに入るナビゲーションタイプがいい。日本全国2000コース以上が記憶されているため、コースに一歩出ると、自動選択でコースとホールを把握。ボールの位置に立って、ディスプレイを見ると、グリーンのセンターやエッジまでの距離が表示されている。これもGPSを使ったものだが、一打ずつ入力すれば飛距離が記録され、次回のプレイの際には有力な武器となる。新しいコースや、レイアウトが変更になったコースは、ホームページでダウンロードしておけば準備万端整うようだ。

ところで、最近私が手に入れた秘密兵器はドライバー。一見、他のドライバーと変わりがないのだが、シャフトの交換が簡単な優れ物である。クラブはヘッドよりシャフトが定説となった今、あれこれシャフトをいじり、自分のスイングやスピードに何が合うかを試してみる時代だ。中古店に行って探す人、シャフト情報を入手しショップで挿し替える人、さまざまである。ただ、私のようなせっかちは、1、2日、待たされるのが耐えられない。そこで秘密兵器購入となった。あらかじめ自分好みのシャフトを指定し、先にネジ込みの金属を取り付けてもらう。私は純正の1本に、現在はまっている2本のシャフトを追加した。これが実に便利である。指定のプラスドライバーで、すぐに交換。シャフトで違うことを実感できるのだ。キャリーを出すか、転がすか、コンディションでシャフトを選ぶ時代だ。

キャスター/小倉智昭(おぐら・ともあき)
1947年秋田県生まれ。東京12チャンネル(現テレビ東京)アナウンサー出身。76年フリーに。現在は『とくダネ! 』(フジテレビ系)や『嵐の宿題くん』(NTV系)、『小倉智昭のラジオサーキット』(ニッポン放送)の司会を務めるなど、幅広く活躍中。
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
Dr.ストレッチ<br>伸びーる新業態

最近、街で見掛けるストレッチ専門店。中でもDr.ストレッチは首都圏、京阪神、福岡に展開、7年で100店超。60分6600円でもリピート率は高い。筋肉さながら伸びる業態に迫る。

  • 新刊
  • ランキング