BMW「i3」が示す"本当のエコカー"

ドイツの高級車メーカーが電気自動車に参入

ドイツの高級車メーカーが電気自動車(EV)の量産に名乗りを上げた。BMWは同社初となるEV「i3(アイスリー)」を投入する。日本では2014年4月に発売される。

i3の特徴は車体にある。車両重量は1260キログラム。EVで先行する日産自動車のリーフの1430キログラムに比べて、かなり軽い。

その秘密は、鉄より強くて軽い炭素繊維強化プラスチック(CFRP)をボディに全面採用した世界で初めてのモデルだからだ。1回の充電による航続距離が約160キロメートルとリーフより短いが、発電用エンジンを積んだモデルだと300キロメートルまで走行できる。

都市部の富裕層に照準

EVでは日産自動車、三菱自動車の日本メーカーが先行しているが、航続距離の短さや価格の高さから普及が進んでいない。

BMWはどういった戦略で攻略するのか。同社が照準を合わせているのは、都市部に住む富裕層だ。人口が集中していく都市の環境に配慮した「アーバンモビリティ」と位置づけ、新たなサブブランドとして、一から専用設計した。BMWジャパンのアラン・ハリス社長は「i3はまったく新しいモビリティ。特に都市部にはつねに一歩先の未来を考え、かつ環境に気を遣う人が多い」と話す。

価格は499万(消費税8%込み)と高級車を展開するBMWの中では割安だが、EVとしてはリーフの298万円(消費税5%込み)よりも高い。開発を統括する「プロジェクトi」マネージャーのマルティン・アールト氏は「新しい技術はどうしても高くつくが、都市での普及が進めば、価格は下がっていく」と説明する。

次ページスポーツカーも登場
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。