初栄冠の楽天を襲う“マー君移籍”の試練

堅実経営で球界を変えた楽天、来季も維持できるか

11月3日、7戦目の9回表、雨の中で田中将大が志願の登板。三振で日本一を決めた/時事】

球団創設9年目の東北楽天ゴールデンイーグルスが初の日本一に輝いた。2004年の球界再編騒動で生まれた新球団が、両リーグの頂点に立った意義は大きい。「年30億~40億円の赤字は当然」とされていた球団経営に、新しい哲学を持ち込んでの優勝だからだ。

参入1年目の05年、楽天は首位と51.5ゲーム差の最下位だった一方、広告スポンサーとグッズ販売だけで25億円売り上げ、単体で1.2億円の営業利益を計上した。球団は親会社の広告塔ではなく、ビジネスとして成立させなければならない──。楽天の成果により、球界の常識は塗り替えられた。

今季栄冠に輝いた背景にも、巧みな球団経営がある。12年夏就任の立花陽三社長は、日本一と黒字化を託された。同年は4位に終わったが営業赤字幅を縮小。単体最終赤字は前期の3400万円から54万円と、トントンの水準に持ち込んだ。

「勝たなければファンは足を運んでくれない」と考えた立花社長は、短期戦術と長期戦略を打ち出す。

開幕前、アンドリュー・ジョーンズ、ケーシー・マギーという元大物メジャーリーガーを獲得。今季、二人は計187打点と打線の核になった。合計4億円の推定年俸を払ったが、余剰戦力を整理したことで、チーム総年俸を前年と同じ約23億円に抑えた。

長期戦略としては、球団創成期にまいた種が実を結んだ。高卒7年目の、マー君こと田中将大が開幕24連勝の活躍を見せ、同8年目の銀次は首位打者を争うまでに成長。強いチームにファンは虜になり、観客動員数は昨季から8.8%増の128万人に。12年に8億円だったグッズ売り上げは13億円に達する見通しだ。

次ページ年俸急騰は不可避
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。