トヨタ、今期連結営業利益2.2兆円に

リーマンショック前の過去最高に近づく

11月6日、トヨタ自動車は、2014年3月期の連結営業利益(米国会計基準)予想を前年比66.6%増の2兆2000億円に上方修正すると発表した。フランクフルトで9月撮影(2013年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[東京 6日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は6日、2014年3月期の連結営業利益(米国会計基準)予想を前年比66.6%増の2兆2000億円に上方修正すると発表した。

従来予想の1兆9400億円に比べ、13.4%の上方修正。円安の追い風を受け、リーマン危機前の08年3月期に計上した過去最高益2兆2703億円に近づいてきた。

トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト26人の予測平均値2兆3820億円を7.6%下回っている。

14年3月期の連結売上高見通しは前年比13.3%増の25兆円(従来見通しは24兆円)、連結当期利益見通しは同73.6%増の1兆6700億円(同1兆4800億円)にそれぞれ上方修正した。

通期の世界販売計画は910万台に据え置いた。国内を223万台(従来計画は222万台)、北米を263万台(同261万台)、欧州を84万台(同82万台)に引き上げた一方、アジアを164万台(同170万台)に引き下げた。タイやインドネシアの販売が市場の伸びを下回っている。

会見した小平信因副社長は国内需要について、消費増税前の駆け込み需要があるとの見方を示した。政府が企業に求めている次の春闘での賃上げについては「利益が上がれば従業員に還元するのは当然」と前向きな姿勢を示したが、具体的な内容については組合と話し合って決めるとし、明言を避けた。

10月以降の想定為替レートは1ドル=95円、1ユーロ=130円に設定。通期平均で1ドル=97円(従来見通しは92円)、1ユーロ=130円(同122円)にそれぞれ修正した。

13年4─9月期の連結営業利益は前年同期比81.0%増の1兆2554億円になった。通期予想に対する進ちょく率は57%。前年同期の通期実績に対する割合は52.5%だった。

(杉山健太郎 ;編集 田中志保)

*情報を追加して再送します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。