全国のホテルに波及、メニュー偽装の根因

関西の名門に端を発した大騒動。業界は戦々恐々

「偽装と指摘されても仕方ない」。阪急阪神ホテルズ系列のレストランでメニュー表示と異なる食材を使っていた問題。出崎弘社長(当時)は10月28日、それまでかたくなに否定してきた偽装の一部を認め、辞任を表明した。関西の名門で起きたメニュー“誤表示”問題は、新体制下で収拾を図ることになる。

ただ、今回の騒動を振り返ると、結局、何が根本的な原因だったのか、判然としないままだ。

会社側は当初、各ホテルのサービス、調理部門の連携不足や表示の重要性への理解不足を主因に挙げた。組織再編に伴う「風通しの悪い職場風土」(出崎氏)も背景にあったと指摘した。一方で、一部のメニューは納入業者に問題があったとするなど、メニューごとに説明が異なった。「採算のために組織的にやっているのではないか」(高級レストラン幹部)との見方は消えず、根本的な原因も明らかにならない中、事態は幕引きに向かっているように映る。

あいまいな表示ルール

「根因はメニュー表示の難しさに行き着く」。あるホテル幹部はそう話す。メニュー表示は現物より著しく優良と消費者に誤解させた場合、景品表示法の「優良誤認」とされ、措置命令が出される場合がある。だが、その判定に明確な基準はない。

今回の問題を受け、各地のホテルやレストランであらためて調査を行ったところ、近鉄ホテルシステムズ系列のホテル、JR四国の子会社が運営するホテルなど、全国で同様のケースが相次いだ。線引きのあいまいさが、メニューの過剰表現のベースにあるとの指摘は根強い。

しかし、別のホテル関係者は「2006年ごろから食の安全意識が高まり、多くのホテルは対応を強化してきた。メニュー表示がほったらかしになるなど基本的にありえない」と語る。阪急阪神ホテルズはこれまで、メニューのチェック体制を整えていなかった。ルールがあいまいな中、「より厳格に社内に基準を作る必要がある」(ホテル関係者)という意識の欠如が今回の事態を招いた。

さらに世間から批判を浴びたのが出崎氏の対応だった。初めて誤表示を公表した10月22日の会見には出席せず、以後の会見でも、「偽装でなく誤表示」と繰り返した。危機管理専門家の土屋達彦氏は「偽装かどうかは客が判断すること。基本姿勢が欠けている」と指摘。出崎氏自身、最後の会見で「説明が会社サイドに立っていて、本当に謝っているのかと言われたことを最も反省している」と述べた。顧客を甘く見たことが、結局は高い代償を招いた。

週刊東洋経済2013年11月9日号

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
三菱商事vs.伊藤忠<br>なぜ今この2社が強いのか

伊藤忠・岡藤社長、三菱商事・垣内社長へのインタビューを一挙に掲載。業界トップに躍り出た伊藤忠、トップ奪還へ意気込む名門・三菱商事。2社を中心に5大商社の優劣を徹底検証。