10月米ISM製造業景気指数56.4に

雇用は鈍化も、指数は2年半ぶりの高水準

11月1日、米ISMが発表した10月の製造業景気指数は2011年4月以来2年半ぶり高水準に。一方で雇用は鈍化した。写真はシカゴ。8月撮影(2013年 ロイター/Jim Young)

[ニューヨーク 1日 ロイター] -米供給管理協会(ISM)が1日発表した10月の製造業景気指数は56.4と前月の56.2から上昇し、2011年4月以来2年半ぶり高水準となった。

景気を見極める上での分岐点となる50を5カ月連続で上回った。

エコノミスト予想の55.0も上回った。10月は財政問題をめぐる与野党の対立で政府機関が16日間閉鎖に追い込まれたことによる影響が懸念されていた。

RBSのアナリストは顧客向けノートで「内訳はやや強弱まちまちだったが、大半は製造業部門の強さを引き続き示唆する内容となった」と指摘した。

新規受注は60.6と前月の60.5からわずかに上昇した。

生産は60.8で、前月の62.6から低下した。

雇用も53.2と、前月の55.4から低下した。来週8日に発表される10月の雇用統計について、市場では雇用の伸びが鈍化すると予想されている。

*内容を追加しました。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ホンダの限界

ホンダが「らしさ」と効率化の間で揺れている。車づくりを世界各拠点の独自性に委ね「らしさ」を維持してきたが、生産が500万台を超え、個性と効率、どちらをとるかの分岐点に立つ。