米ゴールドマンの第3四半期は2%減益

トレーディング収入が軟調

10月17日、米ゴールドマン・サックス・グループが発表した第3・四半期決算は、債券取引の減少が収入を圧迫し、2%の減益となった。写真はニューヨーク証券取引所で9月撮影(2013年 ロイター/Lucas Jackson)

[17日 ロイター] - 米ゴールドマン・サックス・グループが17日発表した第3・四半期決算は、債券取引の減少が収入を圧迫し、2%の減益となった。

第3・四半期の利益は14億3000万ドル(希薄化後1株当たり2.88ドル)。前年同期は14億6000万ドル(同2.85ドル)だった。

ゴールドマンは四半期配当を1株当たり0.50ドルから0.55ドルに引き上げた。

債券市場では、米連邦準備理事会(FRB)が9月の連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和縮小に踏み切るとの観測などを背景に、数週間にわたり取引が低迷した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
攻防!たばこ規制<br>迫る全面禁煙社会

厚生労働省が「受動喫煙防止対策」を強化。今年の通常国会での法案提出を目指す。飲食店などでは「分煙ルームもNG」となり、客離れが生じかねない。飲食、娯楽業はどう対応するのか。