歴史を変えたコンテンツの共通点

角川歴彦×川上量生対談(3)

2013年10月10日、株式会社KADOKAWAは新たな選書レーベル「角川EPUB選書」を創刊した。創刊ラインナップの中から、自身初の単著となる『ルールを変える思考法』を上梓した株式会社ドワンゴ代表取締役会長・川上量生氏、『グーグル、アップルに負けない著作権法』を上梓した株式会社KADOKAWA取締役会長・角川歴彦氏のお2人に登場していただき、グーグル、アップル、アマゾンに対抗して、日本のコンテンツ産業が生き残っていくための方法について、思う存分語り合っていただいた。
3回目のテーマは、クリエーターが才能を発揮するためのコンテンツプラットフォームの作り方と、売れるコンテンツの作り方について、である。

連載第1回目―「情報化社会で真の知識人は「コミュ障」の人間」はこちら

連載第2回目―「5年後、日本のメディアコンテンツはこうなる」はこちら

——ニコニコ動画では、クリエーターに才能を発揮させるための仕組み作りで、どのようなところに気をつけていらっしゃいますか。

川上:ひとつは、ユーザーさんの支援です。ドワンゴというのは、いわば引きこもりの会社なんです。引きこもりの会社にしてみたら、クリエーターと付き合うなんて、もともと苦手なジャンルなわけです。だから、そもそも密に付き合おうという発想がない。

僕が興味あるのは、そうしたクリエーターたちがニコ動というインフラに変化を加えることによって、どういうふうに変化するのか。どのように生態系を作ったり、いったんできた生態系が成長したり、衰退したりするのか。そういったことにものすごく興味があります。

ニコ動を作ったときにひとつだけ念頭に置いていたのは、2ちゃんねるにあったFLASH板。YouTubeがはやる前にFlash動画が一時期すごくはやって、有名なのは「のまネコ」です。「恋のマイアヒ」(モルドバ出身の音楽グループO-Zoneの曲。ルーマニア語の原曲を日本語として聴いた「空耳」の歌詞をアニメ化したFlashムービーや、そこに登場するキャラ「のまネコ」が大人気となった)で盛り上がったんだけれど、2年くらいで自然に廃れてしまったのです。

角川:なるほど。

川上:CGM(消費者生成メディア)で爆発的人気が出ると、ユーザーもこれは自分たちの文化で、企業は介入してくれるなと言うのだけれども、ユーザー自身が管理しているコミュニティはだいたい2年で崩壊するんです。それをどうすれば長続きさせられるのかというのが、ニコ動を作ったときの最大のテーマでした。で、僕が考えたのは、ユーザーの思いどおりにやったら2年で潰れるんだから、たぶんユーザーが嫌がることの中に正解があるだろうと(笑)。そこは、嫌がられても切り込んでいくしかないなと僕は思ったんですよ。

それは、ユーザーから見ると、ある種のコントロールだったり、金銭的なモチベーションを持ち込んだり、既存のコンテンツに対する妥協だったりするようなことだったと思うのです。そう見えるような行動でも、あえてする。それによって、コミュニティに揺さぶりをかけると、何が起きるか。

次ページ既存のコンテンツの囲い込みに興味はない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。