強気姿勢の黒田総裁、これからが正念場

異次元緩和の効果に強気

10月4日、日銀の黒田東彦総裁は、異次元緩和の効果が着実に市場や経済、物価にあらわれていると強調、強気の姿勢を貫いた。都内で同日撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)

[東京 4日 ロイター] - 日銀が4月に導入した異次元緩和が半年を迎えた。黒田東彦総裁は4日の会見で、日本経済に前向きな循環メカニズムが働く中、異次元緩和の効果が着実に市場や経済、物価にあらわれていると強調、強気の姿勢を貫いた。

先行きも日銀が掲げる2%の物価安定目標の実現に自信を示した。一方、足元では円安・株高は一服しており、異次元緩和が狙いとする期待インフレ率の引き上げに成功するのか、これから正念場を迎える。

経済・物価に強気、実質金利低下が民需を刺激

黒田総裁は4日の記者会見で強気な姿勢を貫いた。景気が回復過程に入る中で、日銀が重視する設備投資や雇用・賃金に改善の動きが出ているためで、日本経済には「前向きな循環メカニズムが働いている」との認識を示した。物価動向についても足元の消費者物価指数(除く生鮮食品)がプラスに転じ、上昇幅を拡大させており、物価上昇率は日銀が目標に掲げる2%に向けて「想定される道筋を着実に進んでいる」と強調。先行きも「こうした傾向が続いていく」との見通しを示した。

総裁の強気な発言の背景には、4月に導入した異次元緩和の効果が着実にあらわれているとの自信がある。市場で発行される国債の約7割を吸い上げる大規模な緩和策は、導入当初こそ市場が混乱して長期金利が乱高下したが、その後は景気回復、海外金利の上昇と逆行するように足元で0.6%台に低下している。総裁は、長期金利が安定推移を続けるとともに、期待インフレ率は上昇傾向にあるとし、「実質金利が低下し、住宅や設備投資を中心に民間需要を刺激している」と説明。緩和効果の波及ルートの1つであるポートフォリオリバランスについても、大手行を中心に「徐々に進んでいる」との認識を示した。

次ページ綱渡り続く
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。