アメリカ株は「大暴落」なんてしていない

プロの投資家たちは、みんな笑っている

話をひと回り前の戌年、2006年に戻します。当時は、まだグッチーポストやこの連載はありませんでしたが、すでに私は個人のブログやすでに連載をもらっていた「アエラ」で「アメリカ経済は、これはまずいぞ」、と警告を発していました。

「金融機関の一つや二つは吹っ飛ぶ、それこそ株式市場の大暴落が来るぞ」、と書いていたところ、リーマン・ブラザーズは本当につぶれてしまい、在籍していたモルガン・スタンレーも倒産寸前で、株価は1ドルまでたたき売られ、私自身、まじで、路頭に迷うかと思ったほどです。多くの友人が行方不明になりました。これがまさに「大暴落」。

しかし、繰り返しますが、今はシャンパーニュが夜な夜な飲まれているわけです。こんな状況で経済が悪いはずはないではありませんか。

アメリカ経済はこれからも成長する

ということで、いつも申し上げるように、アメリカは若年労働人口がどんどん増え続けているので、基本的に経済成長が続かないはずがないんです。実は2000年にはこの若年労働人口が一時的に減少に転じており、私としては2000年にああいう「レバレッジマーケット」の崩壊がなくても、アメリカのバブルははじけたんじゃないか、と今でも考えています。それに関するデータもたくさん揃ってきたので(ビッグデータの充実のおかげですごい数字が集まるようになりました)、そのうちちゃんと論文にしますけど、おそらく間違いないです。

その意味で、アメリカの経済成長は実は鉄板で、株価が下がったとしてもそれは一時的。あくまでも調整の範囲でありまして、長い目でみればこれはこれで良い調整になったのではないか、ともいえるわけですね。最近買った方には申し訳ないですが、こちらは何せ、S&Pで言うと600ドルなんてレベルから買っているわけで(「ウィンドウズ95」が出たころはこれくらいだったのです)、「下がった」、といってもさほどのレベルじゃない。プロの相場関係者なら、この環境下ですから、株価に関しては「もっと下がってくれないかな」、なんてマジで思っているはずです(ほんとにスミマセン)。

次ページアメリカ経済は「盤石」だが、日本は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
日本人が知らない<br>地政学

太平洋をめぐる米中の暗闘。力の信奉者、トランプvs.習近平の危うい駆け引き。イスラエル、ロシア…混迷する国際情勢を地政学で読み解く。佐藤優氏の地政学「超入門」も読みどころ。