トランプ大統領が支持率40%を回復した理由

「一般教書演説」で政権2年目の方向性を読む

一般教書演説でのトランプ大統領。「招待客」のリストを見れば、何が「トランプ流」なのかがわかる(写真:ロイター/アフロ)

2年目は必ず1年目よりも楽になる。これは仕事の鉄則と言っていい。どんなに辛い仕事でも、2年目になると少しは慣れるものだ。前の年の失敗が今年の教訓となるからだ。経験というものは、増えることがあっても減ることはないのである。

トランプ大統領の変身は本物?

ということでアメリカのドナルド・トランプ政権への対応も、2年目になると少し楽になるはずである。思えば最初の1年は何度も不意打ちを食らって、驚いたり頭を抱えたりしたものだ。しかるに幸いなことに判断材料は着実に増えている。

この連載の記事はこちら

1月末から2月にかけての最大の注目点は、トランプ大統領にとって初めてとなる一般教書演説であった。トランプ政権は、ここへきて微妙な変質を遂げている。

”Fire and Fury”なる暴露本の登場に激怒して、かつての腹心、スティーブ・バノン前首席戦略官とは袂を分かった。そのせいか1月26日、スイス・ダボスにおける世界経済フォーラムに出席した際には、世界の首脳や企業家たちを前に、一転して物わかりの良いところを見せたのである。

ダボス演説では、「アメリカファーストというのは、アメリカだけが良ければいいのではない。アメリカが成長すれば、世界全体もそうなるからだ」と述べている。TPPやパリ温暖化防止協定への復帰さえ示唆している。いや、こんな風にまっとうな大統領になってくれるのであれば、世界経済にとってこんなにありがたい話はない。

そもそもトランプ大統領は「ポピュリスト政治家」であると同時に、「ニューヨーク育ちの大富豪」という面もある。いい加減、バノン式の「経済ナショナリスト路線」とはおさらばして、共和党らしい「プロ・ビジネスのグローバリスト路線」に転じても不思議はない。果たして変身は本物なのだろうか。

次ページ無名のアメリカ人を称える「トランプ流」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。