スペシャリスト人材「職種別」年収ランキング

日本のCFOの最高年収は5000万円

専門職で英語ができると、国内でも高い報酬で迎え入れてくれる (写真:Elnur / PIXTA)

早期に成果を出すため、マネジャー職や高度なスペシャリスト(専門人材)を、高い報酬で採用する傾向は強い。日本でも外資系企業を中心にそうした動きが強まっている。では、国内ではどの程度の水準で、求人されているのだろうか。

ロバート・ウォルターズは、世界28カ国に拠点を持つ専門スキルを備えたグローバル人材の転職を支援する人材紹介会社だ。日本でも現地法人のロバート・ウォルターズ・ジャパンがバイリンガル人材を中心に紹介事業を展開している。同社では、年に1回「給与調査」を発表しており、求人データに基づいた各職種の給与水準を公表している。日本の2018年の最新版も1月16日に発表されている。

職種別の年収最高額を国際比較

今回、ロバート・ウォルターズが持つ各国の給与データと、日本の「給与調査」のデータを職種別に比較し、専門スキルを持った人材の国内報酬が世界でどの程度の位置にあるのか、横断的に調べた。

「就職四季報」特設サイトはこちら

比較する数字は年収ベース。求人広告や内定時に提示された基本給だ(年俸:ボーナス・諸手当を除く)。それらのデータから、各職種の最高額を記載している。

なお、海外については、現地通貨で表記されているが、今回、比較しやすくするため、円換算している。2017年11月時点のレートで、すべての紹介は割愛するが、1ドル=113円、1ユーロ=131円、1ポンド=149円、1元=17円で計算している。実勢レートとは少し異なっているため、年収額や順位が多少変動している可能性があることをお断りしておきたい。なお、中東地域は、対象地域が複数の国に及んでいるが、為替レートはアラブ首長国連邦(UAE)の通貨ディルハムを使っている。

次ページCFOの報酬は英米が高い
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。