女子スノボ新星「小さな巨人」岩渕麗楽の躍動

初出場の平昌五輪に向け語った胸中は?

1月末に開催されたスノーボード・冬季Xゲームズ大会(米国コロラド州アスペン)から帰国し、取材に応じた岩渕選手(撮影:尾形文繁)
冬の「小さな巨人」がここにいる――。
名前は岩渕麗楽(いわぶち・れいら)。あどけない笑顔を見せる16歳の女子高校生でありながらも、大胆かつ豪快なスタイルとジャンプを披露する。ワールドカップ(W杯)への参戦は2017年9月からで、平昌(ピョンチャン)五輪スノーボード女子スロープスタイル・ビッグエア代表の座を射止めた。
初めて会った印象は、控えめでおとなしく礼儀正しい、ごく普通の女子高校生。
昨年12月に女子ビッグエアでW杯(米国・コロラド州)初優勝。1月12日に同じくW杯のスロープスタイルで2位表彰台。1月27日には、世界のごく限られた選手しか出場できない冬季Xゲームズの女子ビッグエアで初出場2位を獲得。日本女子スノボ界では最年少出場で、初の銀メダルももたらした。9日に開幕が迫る直前、オリンピック日本代表の鼓動が聴こえる。

4歳の頃からスノーボードを始める

――平昌五輪出場おめでとうございます。出場が決まった時の気持ちを教えていただけますか。

実はネット(のニュース)で知った感じなので。実感がわかなくて……。発表の時、ちょうどフライトで。1月22日まではコーチも選手には言っちゃいけないという決まりがあったので(笑)、ニュースで知りました。

――誰の支えが大きかったですか。

いちばんは、おばあちゃんです。メダルを取った時は私より喜んでいました。もちろんほかの人もたくさん応援してくれますが、直接「頑張れ!」っていちばん言ってくれるのがおばあちゃんです。感情をいちばん表に出してくれるので、(Xゲームズの銀)メダルはおばあちゃんが大事に持っていてくれています。

――スノーボードを始めたきっかけは?

両親がもともとやっていた影響です。4歳の時から雪山に連れていかれ、気がついたらやっていたという感じですかね。年に2~3回滑るだけだったのが、小学校に上がる頃にはだんだん1人で滑れるようになって、毎週末通うようになりました。

最初は1人で滑れなくて、結構やりたくないという気持ちがありましたが、1人で滑れるようになってからは、すごい楽しくなってきて。自分から「始めよう!」と思いました。今も昔も滑るのが楽しくてやっているから、昔の楽しい感覚は今でも残っています。

スノボW杯女子ビッグエアで優勝した岩渕麗楽選手=米国コロラド州コッパーマウンテン(写真:共同通信社)
次ページ楽しむ心と自信
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
期待のインフルワクチン<br>「埼玉株」見送りの悲劇

「埼玉株」を用いたインフルエンザワクチンは高い効果が期待されていた。しかし土壇場で不採用に。なぜ埼玉株は使用されなかったのか。ワクチン選定をめぐる激しい議論を振り返る。