ドコモのiPhoneに助っ人が登場?

Evernoteが4000円分のサービスをタダで提供

10月1日、米Evernoteのフィル・リービンCEOは都内で会見を開き、米セールスフォース・ドットコムとの連携サービスやドキュメントスキャナーを発表した

ソフトバンク、KDDIに続き、最後発でiPhone(アイフォーン)販売に乗り出したNTTドコモ。ライバルのKDDIはプラチナバンドに対応したLTEや、固定回線とスマートフォンのセット割引「スマートバリュー」で応戦。ソフトバンクもテレビCMなどで電波状況の改善を猛アピールする。携帯3社によるアイフォーン商戦は一段と熱を帯びてきた。

1カ月に1ギガバイトを無料で使用可能

そんな中にあって、ドコモはアイフォーンユーザーを獲得するための新たな武器を投入する。その武器とは、クラウド上にさまざまなデータを保存できるクラウドストレージ大手の「Evernote(エバーノート)」だ。

10月1日、ドコモはアイフォーンを購入したユーザーに対し、1年間無料で「エバーノート プレミアム」が利用できるキャンペーンを始めると発表した。エバーノートプレミアムは本来、年間4000円相当のサービス。1カ月あたりのアップロード容量が60メガバイトに限られる無料版と異なり、1カ月に1ギガバイトのデータをアップロードできる。

エバーノートは、クラウドサービスの人気株。写真やテキストなどをクラウド上に手軽に保存し、いつでも、どこでもアクセスすることができる。2008年のサービス開始以来、利用者数を順調に伸ばしてきた。

次ページビジネス利用が多いエバーノート
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。