テレビゲームの父、任天堂・山内溥氏を悼む

享年85歳。顔を持った個性的な経営者がまた1人、鬼籍に

我が国だけではなく世界の家庭用ビデオゲーム市場を強力に牽引した任天堂の前社長、故:山内溥氏の告別式に向かう新幹線の中で、車窓を眺めながら毎週のように同じ新幹線で京都に通った日々を懐かしく思い出した。

当時、任天堂初の家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」が大ヒットし、珠玉のようなゲームソフトが数多くリリースされていく中で、さらなる未来への可能性を感じてソニーの研究所としても技術的なアイデアをいくつか提案させて頂いていた。

幸いな事に任天堂開発部の皆さんに興味を持って頂いたのが縁で、お互いエンジニア同士という事もあり本社の中にも特別に通されていたのだが、ある時にひっそりとした洗面所に行くと、そこに真っ白なスーツ姿に薄めのサングラスをかけた山内さんが颯爽と入って来られて、図らずもご一緒させて頂いた。そして一言も交わさずその場を立ち去られたのだが、まずは寡黙で静謐な方だなというのがその第一印象であった。

後に、さらなる共同開発に絡んで両社の思惑が錯綜し共同開発自体が頓挫する事態に陥ったのだが、電話口の向こうの山内さんは思いの外饒舌で、そのギャップに一瞬面食らったものだ。以降、お互いの得意とする方法論でビデオゲーム市場、そしてコンピュータエンタテインメント市場を共に拡大して来られたのは僥倖であった。

山内さんは、時に自らの意と異なる事柄や方向性に対して声を大にして警鐘を鳴らし、あえて厳しい批判もされた事もあったが、そのいくつかは正鵠を得たものだった。しかしプレイステーション発売に際して「あんなものが100万台も売れたら逆立ちして歩いてやる」と言われたとかという噂が一瞬メディアに流れ、よしとばかりに「いくぜ100万台!」のキャンペーンを打たせて頂いた。山内さん、もしかしたら今頃天国で苦笑いされているかな?

感謝をこめて…
  元ソニー・コンピュータエンタテインメント会長 兼 グループCEO
  久夛良木 健

週刊東洋経済2013年10月1日号

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。