人材確保のカギは、「面接」と「育成」にある

「新規採用」の繰り返しは現場の疲弊を招く

良い人材の確保、定着こそが、企業の使命だ(写真:chombosan / PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

この連載の記事一覧はこちら

年が明けて、ひと段落すると、4月の入社を前に内定辞退したいと思っている、または、現状の職場を辞めたいという離職希望の相談が増えてきます。春からの新しい出発を想定して、「このままでよいのだろうか」「今、決断しなければ」という思いに駆られるのでしょう。

この種の悩みは、年間を通して寄せられる問題でもあり、このほかにも、派遣登録している方が、派遣先が決まって、来週から出勤というタイミングで「どうしても行く気がしない」、派遣先に出向いて1週間も経たずに「辞めたい」と訴えてくるケースも後を絶ちません。

「内製化」と「内省化」

人材不足に悩む現場では、由々しき事態であり、ただでさえも忙しい中、つねに、人材募集、採用、初期研修に労力を割かなければならないとなると、ますます就業環境は悪化します。するとさらに離職者が出てしまい、誰でもいいから採用してしまう状況に陥り、なかなかその悪循環から脱することができません。売り手市場になりつつある今、「良い人材の確保と定着」こそが企業の使命であり、職場環境を改善する最善策です。

相談者から聞かれる声は、「職場の人間関係や雰囲気になじめない」が圧倒的に多く、次に「この職場ではスキルアップができそうにない」と続きます。この問題を解決するのが、内製化と内省化です。

次ページ採用時点でのポイントは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。