相鉄の「新型車両」は、いつ都心を走れるのか

東横線渋谷直通に不安要素、小田急も強敵

相模鉄道が1月17日にお披露目した新型車両「20000系」。ヨコハマネイビーブルーと呼ばれる深い青色をまとい、先頭部分の装飾が印象的だ。2月11日から運行を開始する(撮影:尾形文繁)

滑らかな曲線とフロントグリルのような装飾が、アウディなどドイツの高級車を連想させる。「ブルー」と「オレンジ」の電車で知られる神奈川県の相模鉄道、通称「相鉄(そうてつ)」が1月17日、海老名市の同社車両基地でブルーの新型車両「20000系」を公開した。

相鉄にとって「車両のブルー化」に込める思いは大きい。相鉄は東京急行電鉄や東武鉄道と同じ大手私鉄として分類されるが、営業キロはわずか35.9km。首都圏の大手私鉄で唯一都心に乗り入れていないということもあり、知名度はいま一つだ。認知度向上を図ろうと、昨年迎えた創立100周年を機に駅、車両、制服などのデザインリニューアルを進めている。2016年に「9000系」を刷新した際にも青い塗装を施した車両を導入し、好評だった。悲願の都心乗り入れに向け、相鉄が攻勢を強めている。

複雑な形状ゆえに開発が難航

20000系を製造したのは日立製作所。「Aトレイン」という日立独自の軽量アルミ車両向け製造技術が用いられている。同じく日立製である東京メトロ向けや西武鉄道向けなどの通勤車両にもAトレインの技術が使われており、その意味では各車両には共通項が多いのだが、列車の顔ともいえる20000系の先頭形状は他社のどの車両にも似ていない。

相模鉄道の滝澤秀之社長は新型車両投入で、都心直通に弾みをつけたい考えだ(撮影:尾形文繁)

いかにも工業デザイン然とした通勤車両のイメージとは大違い。「アウディをイメージしたのですか」と相鉄の滝澤秀之社長に尋ねてみたら、「車ではない。私は能面のイメージだと感じた」という答えが返ってきた。2つのライトが目で、フロントグリルのような装飾は口というわけだ。

「この複雑な形状に貫通扉も設置するのは一苦労だった」と、車両開発の担当者は語る。デザインに関しては、丸みを帯びたエレガントなA案と、貫通扉など現実のニーズを考慮し平面的にしたB案の2案でスタート。検討の結果、両者のメリットを融合させるということになったが、必要な機能を満たしつつエレガント性も重視するのは口で言うほど容易な作業ではなかった。3D切削加工、プレス加工、たたき出し加工などさまざまな工法を駆使し、ようやく複雑な形状を実現した。

次ページ完成から公開まで5カ月近くを要した理由とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ライフ・シフト<br>学び直し編

人生100年時代は学び直しがカギだ。あなたに最適な「学び場」の見つけ方を紹介。短大教員でもある女優・菊池桃子さん、NHKアナから福祉施設職員に転身した内多勝康さんも登場。