北朝鮮の生活水準はベトナム、インド並み?

当局者が自ら公表、1人当たりGDPは904ドル

北朝鮮の経済実態は?今回、その一端が明らかに

2011年の1人当たり国民総生産(GDP)は904ドル、発電能力は750キロワットで同年発電量は503万キロワット、穀物生産量は2012年で529万8000トン。北朝鮮の経済状況を示すデータが、北朝鮮の経済専門家から直接明らかにされた。

北朝鮮の朝鮮社会科学院経済研究所の李基成(リ・ギソン)教授が9月上旬、東洋経済など平壌を訪れた日本人ジャーナリストとの懇談の中で明らかにした。北朝鮮側、特に政府関連機関から具体的な経済データが直接出てくるのは、きわめてまれだ。

1人当たりGDPは904ドル、穀物生産は約530万トン

懇談の中で李教授は、2011年のGDPは220億7000万ドル、1人当たりGDPは904ドルになると紹介。さらに、2007年の1人当たりGDPは638ドルとし、「それ以降、年率10%程度の経済成長を遂げていることになる。世界でもこれだけの成長率を記録している国はめずらしい」と付け加えた。

また、電力不足で知られている北朝鮮の発電能力は750万キロワットで、2011年には503万キロワットの発電量となったと言い、「依然として電力に関しては(十分な量ではなく)難しい状況にある」と率直に認めた。

さらに、「農業生産の引き上げに努力しており、食糧問題はまだ楽観を許さない」と前置きしたうえで、2012年の穀物生産量は529万8000トンで、前年比16万トンの増加になったと明らかにした。これまで、北朝鮮に必要な穀物総量は約600万トンと言われており、李教授も「まだ不足しており、一部の穀物は輸入している」と認めた。

次ページ北朝鮮の最新の経済方針は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。