「内向き志向の日本人」はすでに古い考え方だ

最新の留学生数から見える日本の将来像とは

日本人は本当に内向きといえるのでしょうか(写真:freeangle / PIXTA)

2018年もスタートして1カ月近く経とうとしています。東京でのオリンピック・パラリンピックを目前に控え、国をあげてグローバル化を推進している中ですが、日本人は内向きであると長年言われ続けてきました。果たして本当にそうなのでしょうか。

日本から海外に出る留学生は減っているのか増えているのか、今回は海外留学者数・海外留学先の最新の数字から見ていきたいと思います。

留学生数は大幅に伸びている

独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)によると、2016年度の日本人海外留学生は9万6641人(前年8万4456人)。この人数は日本国内の高等教育機関に在籍する学生などで大学間での協定などに基づき教育または研究目的で海外留学した学生、及び在籍学校が把握している人数の合計です。また、短期の交換留学なども含んでいます。

日本から海外への留学者数の推移を見てみると、減っているどころか、実はここ数年で大幅に伸びているのです。少子化の影響で18歳人口が減っていることから考えると、少なくとも現在の大学生の状況では、内向きという表現は当てはまらないようです。

次に留学先として選ばれている国はどこなのかを見ていきたいと思います。不動の1位は、アメリカの2万0159人(前年1万8676人)です。全体の約20%を占めており、アメリカ人気は今後も続くと思われます。2位から5位までを見ますと、2位オーストラリア、3位カナダ、4位韓国、5位イギリスと続きます。オーストラリアやカナダは治安が良く教育水準も高いイメージがあり、学生だけでなく親からも近年人気があるようです。

次ページ地域別の動向は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。