最多は月19回!「遅延の多い路線」ランキング

埼京線は30分以上の遅れが月3回以上も

車両・電気設備の故障も大幅遅延の原因に

国交省の調べでは、10分未満の遅延の主な原因は、乗車時間の超過、ドア再開閉、急病人の発生といった部外原因が94%を占める。車両故障や電気設備の故障といった部内原因は6%しかない。一方で、30分以上の遅延の原因については、自殺、線路立ち入りなど部外原因が68%。係員の取り扱いミスや車両・電気設備の故障といった部内原因は23%という結果となった。自殺や線路立ち入りが発生すると安全確認などで運転再開に時間を要するのと同時に、車両や電気設備の故障も長時間の遅延につながりやすいということだ。

朝夕ラッシュ時の混雑問題については古くから国交省も認識を示していたが、遅延問題について真剣に議論されたのは最近になってからだ。いささか遅きに失した感はあるが、遅延を「見える化」することで、各鉄道事業者はこれまで以上に遅延対策に本腰を入れるはずだ。今回と同じタイミングなら年末にも発表される2017年度の遅延ランキングはどのような結果になっているだろうか。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビットコイン 天国と地獄

乱高下を繰り返すビットコイン。資産1億円を達成した「億り人」が生まれる一方、含み益が瞬間蒸発した投資家も。ブームの実態に迫る。口座開設から購入、課税までも丁寧に解説。