「日本人はクリエーティブでない」はウソ

「スキル」に差はない!では何が足りないのか?

「日本にベンチャーカルチャーをつくりたい」
伊佐山元氏が立ち上げた新会社WiLの共同創業者である西條晋一氏と松本真尚氏の2人とそれぞれ「シリコンバレーと日本をつなぐ」「日本の大企業のオープンイノベーションを支援する」というミッションについて語る。
今回の対談は、元ヤフーCIO(最高新規事業責任者)の松本真尚氏。松本氏はヤフーの井上雅博・元社長の下、ヤフーBB・ヤフーショッピングの立ち上げを行い、ソフトバンクの孫正義社長の下、ボーダフォンの買収に携わり、その後はヤフージャパンのトップページをはじめとする主管サービスを担当するなど第一線で活躍してきた。
伊佐山氏いわく「アメリカやインドを含め、海外でのビジネス経験も豊富で、斬新な発想力や異業種を巻き込む力も持っている。日本のベンチャーシーンを支えた経営者のひとり」である。

ベンチャー“ブーム”で終わらせたくない

伊佐山元(以下、伊佐山):今、日本のベンチャーシーンは大きく動いています。

現在、政府はベンチャーキャピタルに企業が出資した場合、法人税を減税する優遇措置の方針を決めるなど、「ベンチャー投資の促進」の動きが活性化している。また、ここにきて、ベンチャー市場の動きも、政府がファンドを立ち上げるなど“おカネ”は増えており、ベンチャー企業の資金調達も増加傾向にある。

さらに、若手起業家も数多く生まれています。特に、シリコンバレーの有力スタートアップ・インキュベーターである「Yコンビネーター」や「500スタートアップス」から日本人起業家の卒業生も出ているなど、10年前には考えられない動きもある。また、起業に成功した人たちが、エンジェル投資家になり、2週目を歩み始めています。すべてが「そろっている」と言っても過言ではない。

松本真尚(以下、松本):この盛り上がりを“ブーム”として終わらせないようにしたい。国が制度を作るだけ、若者にアントレプレナーシップ教育を行うだけでは一過性の“ブーム”で終わってしまう。“ブーム”で終わらず、「カルチャー」として定着させること――。「シリコンバレーと日本をつなぐ」「大企業とベンチャーをつなぐ」ことでその基盤を作りたいと思っています。だって、シリコンバレーのことを“ブーム”だと言う人は、誰もいないわけだから(笑)。

次ページ多様性が生む“ぶつかる”文化が必要
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。