丸井とゴジラが「異色コラボ」に踏み切る理由

アパレル市場の減退を見据えた新機軸とは?

有楽町マルイで期間限定ショップとしてオープンしている「ゴジラ ショウ スペース」。往年の映画ファンだけではなく、若い女性や家族連れも数多く訪れている(撮影:梅谷秀司)

女性客を中心ににぎわうファッションビルと、日本で最も有名な怪獣が“異色タッグ”を結成した。

関東圏を中心にファッションビルを運営する丸井グループが、東宝の特撮怪獣映画「ゴジラ」とのコラボ事業を積極化している。有楽町マルイでは、2017年11月10日から2018年1月8日までの期間限定ショップ「ゴジラ ショウ スペース」を開設している。

20~30代女性も訪れる

Tシャツやキーホルダーなど公式グッズを販売する物販コーナーだけでなく、映画制作にまつわる貴重なアイテムを集めた展示室も併設。歴代ゴジラの着ぐるみ頭部や絵コンテなど、ゴジラシリーズの歴史を体感できるコーナーを設置した。  

コアなファンに人気のゴジラ関連のTシャツ(撮影:梅谷秀司)

ゴジラが咆哮するジオラマに加え、映画で使用した着ぐるみにじかに触れることができるコーナーを設けるなど、細やかな仕掛けも講じている。

「すごーい。ゴジラだ」。平日の正午ごろに同ショップを訪れると、ゴジラのジオラマを見た女児が母親の側で目を輝かせていた。年齢をたずねると、母親は「2歳です。恐竜が好きなので連れてきた」と答えてくれた。

この期間限定ショップには往年の映画ファンだけでなく、20~30代の女性や親子連れも数多く訪れる。「集客は非常に好調」と、丸井の青木正久執行役員は語る。

ゴジラシリーズは1954年に第1作が公開されてから63年を経ても、映画ファンから今なお高い支持を得ている。近年では2016年7月には庵野秀明氏が脚本・総監督を務めた「シン・ゴジラ」が公開されたほか、2017年11月に初のアニメーション映画「GODZILLA 怪獣惑星」が封切りされたこともあり、一段と注目を集めている。

次ページ東宝から持ち込まれた企画だった
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ライフ・シフト<br>学び直し編

人生100年時代は学び直しがカギだ。あなたに最適な「学び場」の見つけ方を紹介。短大教員でもある女優・菊池桃子さん、NHKアナから福祉施設職員に転身した内多勝康さんも登場。