武田薬、東京本社ビルを495億円で売却へ

土地と建物を高島屋に売却

 12月1日、武田薬品工業は、東京本社ビル(東京武田ビル)と隣接地(武田新江戸橋ビル)の土地と建物を高島屋に売却すると発表した。写真は同社の本社ビル。2009年7月撮影(2017年 ロイター/Stringer)

[東京 1日 ロイター] - 武田薬品工業<4502.T>は1日、東京本社ビル(東京武田ビル)と隣接地(武田新江戸橋ビル)の土地と建物を高島屋<8233.T>に売却すると発表した。売却額は495億円で、2018年度下期に固定資産売却益約390億円(税引き前)を計上する予定。土地・建物の引き渡しは19年3月までに行う。

武田は、現在、中央区日本橋本町に新東京本社ビルを建設しており、18年春の竣工を予定しており、竣工後は本社を移転する。売却益は成長への投資に振り向ける。

高島屋は、日本橋エリアに点在する本社や事務所、グループ会社のオフィスを取得するビルに集約し、業務の生産性向上を図る。

(清水律子)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
日本人が知らない<br>地政学

太平洋をめぐる米中の暗闘。力の信奉者、トランプvs.習近平の危うい駆け引き。イスラエル、ロシア…混迷する国際情勢を地政学で読み解く。佐藤優氏の地政学「超入門」も読みどころ。