JR秋葉原駅の高架下が「異空間すぎる」理由

飲み屋街は古い?趣向凝らす鉄道各社の戦略

JRが秋葉原―御徒町間の高架下で運営する商業施設「2k540」。高架下の特徴を生かした不思議な空間が魅力的だ(記者撮影)

東京の渋谷や品川、大阪の梅田など鉄道会社による大規模再開発計画が目白押しだが、一方で鉄道の高架下の再開発も大都市の至る所で行われている。昭和の香りを残すガード下の飲み屋街や人けのない空き地が、最新の商業施設に生まれ変わる。そんな高架下開発の最前線を追った。

秋葉原の奥地でも外国人観光客が集まる

JR神田駅近くの高架下にある飲み屋街「今川小路」。ほとんどの店が閉じられた(記者撮影)

東京・有楽町―新橋間の高架下にある居酒屋街は毎夜多くのサラリーマンでにぎわうが、ひっそりと姿を消そうとしている居酒屋街もある。「今川小路(いまがわこうじ)」。東京のJR神田駅から徒歩2~3分の場所にある高架下の飲み屋街だ。頭上をひっきりなしに列車が行き来する中、狭い道の両側に小さな居酒屋がひしめき合う。近くには日本銀行本店があり、超高層ビルも林立する。都心の超一等地の片隅にあって、まるで昭和30年代から時計の針が止まったかのような場所だ。

戦後の混乱が抜けきらない1950年ごろから居酒屋が店を構えるようになり、高度成長期のサラリーマンの憩いの場として栄えた。しかし、1990年前後の東北新幹線の東京駅乗り入れ工事や、最近では2015年開業の上野東京ラインの線路建設工事に伴い、出店していた店は次々と撤退。今年9月にも店じまいした居酒屋が数店あり、10月末時点で残るのはごくわずかだ。すでに取り壊され空き地になっている場所もある。いずれ、何らかの再開発が行われるかもしれない。

JR東日本(東日本旅客鉄道)は高架下の再開発に力を入れている。これまで駅近くの高架下は飲食店や駐輪場、倉庫ぐらいしか活用方法がなかった。駅から離れると薄暗くて人通りが少なく、「夜は怖くて歩けない」といった場所もある。そんな高架下のイメージが大きく変わりつつある。

秋葉原のメインストリート、中央通りは、家電量販店やアニメショップが立ち並び、買い物客や外国人観光客で終日にぎわう。JR山手線や京浜東北線の高架下はメインストリートから6本もの道路を挟み、かなり奥まった場所にあるのだが、それでもアトリエや工房、カフェなど約50店が並ぶ一角に多くの客が集まっている。JR東日本が秋葉原―御徒町間の高架下で運営する「2k540(ニーケーゴーヨンマル)」という商業施設だ。

次ページ秋葉原の高架下開発はどう行われた?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。