スーパーマリオオデッセイは何が面白いのか

初心者でも熟練者でも楽しめる3Dゲームだ

マリオが訪れる国々は、いずれも魅力的な国ばかりだ(c)2017 Nintendo
物心ついたときからゲームと付き合い続けてきた筆者が、その長いゲーム歴から最新作や過去の名作までもを掘り起こして語り尽くす連載。今回は、「スーパーマリオ オデッセイ」を取り上げる。

待望のマリオタイトル「スーパーマリオ オデッセイ」

過去の連載一覧はこちら

今なお品薄が続き、話題の尽きない任天堂の家庭用据え置きゲーム機「Nintendo Switch」から、待望のマリオタイトル「スーパーマリオ オデッセイ」が10月27日に発売された。

マリオと言えば任天堂ハードのローンチタイトル(ハードと同時発売のタイトル)というイメージが強く、スーパーファミコンでは「スーパーマリオワールド」、Nintendo64では「スーパーマリオ64」、そしてWiiUでは「New スーパーマリオブラザーズ U」など、ハードを牽引するタイトルとなる場合が多い。

一方、Wiiや3DSなどではマリオの名前の入ったローンチタイトルはなく、任天堂ハードのローンチ=マリオという図式は近年では成り立っていない。それでもマリオの名を冠したゲームは、そのハードを代表するタイトルとなるべく、力の入った作品であることは言うまでもない。

今回のスーパーマリオ オデッセイは、スーパーマリオ64以降、スーパーマリオサンシャイン、スーパーマリオギャラクシーシリーズ、スーパーマリオ3Dシリーズに続く、3Dアクションマリオシリーズの系譜である。

ここからはネタバレを含む点をあらかじめお断りしておきたい。

次ページ主なストーリーは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?