あのビリギャルが30歳でたどり着いた新境地

小林さやかが「ママの支援」を始めたワケ

なぜ30歳を迎える今、“ビリギャル”はママたちのために動き出したのか
日本中から“ビリギャル”と呼ばれた彼女のことを今もまだ覚えている人は多いだろう。小学4年レベルの学力だった金髪ギャルが、たった1年で偏差値を40上げて慶應義塾大学に合格。その痛快なサクセスストーリーは、累計100万部超のベストセラーとなり、2015年には有村架純さん主演で映画化も果たした。そんな“ビリギャル”こと小林さやかさんは今、ウエディングプランナーとして働く傍ら、自身の経験を活かして全国の学校で講演活動を行っている。
そしてこの10月、自ら発起人となって、ママのためのスペシャルイベント『渋谷でママ大学』を開催。300人以上の参加者を集め、大成功をおさめた。なぜ30歳を迎える今、“ビリギャル”はママたちのために動き出したのか。

今の自分はリスクをとって何かに挑戦しているだろうか

本記事はWoman type(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です

トレードマークの金髪こそ卒業したものの、エネルギーいっぱいの語り口は、映画で観た“ビリギャル”そのまま。その疲れ知らずの笑顔を引っさげて、現在、小林さんは全国を飛び回り、中高生に向けて「仕事の楽しさ」を語っている。

「これからはロボットが人間の職業をどんどん代行していく時代。今、10代の子どもたちが社会に出ていく頃には、自分で考えてゼロからイチを生み出すような仕事しか残らなくなります。これは、周囲の誰も経験したことがない時代がくるということ。だから、大人たちの言いなりになってちゃダメ。ちゃんと自分で考えて、自分の道を決めなくちゃいけないぞって、そんな話をしているんです」

働く女性にとっても同じ。親からの助言も、上司からの「こうすべきだ」というアドバイスも、“善意”かもしれないが過去の経験則でしかない。

誰も知らない自分の未来は、自分で決断してつくっていくもの。だが、こうしたメッセージを発信し続ける中で、小林さんはふと疑問にぶち当たった。私はそんなふうに誰かに言えるくらい、何かチャレンジングなことをしているのだろうか、と。

次ページ十何年も前の話をしているだけじゃダメだ!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
本気になった富士フイルム<br>不正会計を機に大手術

「経営者に大事なことは、ピンチをチャンスに変えること」と語る古森重隆会長。富士ゼロックス海外子会社の不正会計発覚後、親会社の富士フイルムHDは関与を強め、出直しを図る。